読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこまみれ ネタバレ ねこ好き必見 試し読み可

ねこってカワイイ いやしいっぱい ふしぎいっぱい ちょっとぶきみ 

ねこまみれ: 8.本屋の猫

 

f:id:greenhtn1:20160128211028j:plain

 主婦で一児の母、 さおりがご案内いたします。


 

8.本屋の猫・・・・・・・・・原尾有美子

 

商店街のハズレにある小さな本屋

 

私、吉野愛未(よしのまなみ)はバイトの募集を見て、この本屋を訪れた。

 

そこでセンパイに会った。

 

f:id:greenhtn1:20160131233932j:plain

 

センパイの名前は あんず ネコだ。

 

「ネコは苦手ですか?」
と聞かれたが・・
「カワイイです」
と答えた。

 

この本屋でバイトすることになった。

 

私、実はネコが苦手・・・

 

小さい頃、よく祖母の家に遊びに行った

 

f:id:greenhtn1:20160131233526j:plain

 

ネコのチヨちゃんがいた。

 

よく天井の片隅をじっと見詰めていた。

 

祖母が言った

 

「ネコはお化けが見えるんだって 」

「愛未ちゃんのことを見ているときは
 後ろに何かがいるかもしれない・・・」

 

それ以来、ネコは苦手な生き物になってしまった。

 

・・・・・・

 

センパイはときどきこっちを見ている。

 

ガラーーーーン とした店内

 

午前中、客は1人も来ないのか?・・・

 

そしたら

 

次々とお客が現れた・・

 

ガラガラ・
「午前中から開いてるんだ・・ 」

えっ、午前中は閉めてたんだ

「あんずいる?・・・」

 

 

ガラガラ・
「あんずちゃーん・・」

「ついでにこの雑誌、買ってくね」

 

本はツイデかよ!

 

「あんずーーーーーー」

続々と客が来る。



グッタリ

 

暇そうな本屋だと思ったのに・・・


またお客だ・・・どうせ あんず 目当てだろ・・

 

「この絵本、置いてないかしら・・」

メモを渡される

 

エッ・・ わかんない ・・ 絵本ってどこどこ

 

探すふりして

 

「置いていないみたいです 」

「残念だわ・・ 古本屋にも置いてないし 」

「後で店長に聞いておきます・・ 」

 

やれやれ、なんてこと・・・




「センパイ、チョットは助けてよ 」と言ってみた

 

あんずにメモを見せた

 

いきなりジャンプ・・・本棚を駆け上り

 

棚の上で、じっと見詰める・・・

 

やな予感・・ 何かが見えてる・

 

もしかして

あっ 探していた絵本がある。





さおり注:これも 心温まるおはなし・・

 

⇒まんが王国へ

ねこまみれ で検索してください。

 

PCの方はこちらへ どうぞ

⇒DMM電子コミックへ

ねこまみれ で検索してください。


つづく